ほくろの除去治療は美容外科が最適|メリットをリサーチ

美容整形外科とは

ウーマン

ほくろを治療するには色々な手術法があります。大きなほくろの場合はメスを使用して行い、小さなほくろはレーザーや電気を使用して治療をおこないます。またサービスも充実しており女性医師が常駐している所やアフターケアが無料で行える所などもあります。

もっと読む

美容整形外科のメリット

医者

傷跡がきれいに消えやすい

目立つ位置にある大きいほくろを気にしている人は多いのではないでしょうか。口元にあるほくろは他人から見ればチャーミングに見えますが、本人はその顔をあまり気に入っていない場合もありますね。体に大きく膨らんでいるものがある場合は着替えのときに服でこすれて出血してしまうこともあります。普段は見えない位置にあってもこのような痛みや傷の元になるほくろは厄介だと感じている方も多いでしょう。ほくろの除去治療はどの程度費用がかかるのでしょうか。主にほくろの治療をしているのは皮膚科と美容整形外科です。両者で一番違いが大きいのは、皮膚科は健康保険適用になるケースがあるということです。注意しなければならないのは、皮膚科は病気を治すところです。見た目気に入らないなど、美容のための除去では、全額自費扱いになる場合もあるので、必ずしも費用が安くなるわけではありません。大きさによって値段が決まっているところも多いです。皮膚科のレーザー治療の相場は1mmあたり3000?5000円です。美容外科は全額自費扱いになりますが、クリニックによって複数個を一気に治療する場合は割引をしてくれるところもあるようです。美容整形外科の良いところは、美容目的のほくろ除去に強いところです。せっかくほくろを取ったのに、傷跡が目立ってしまっては意味がないですよね。きれいにするのが目的の美容整形外科ですので、顔など目立つところは美容整形外科での除去をおすすめします。美容整形外科のレーザー治療の相場は1mmあたり5000?7000円です。除去する方法は他にもさまざまあります。レーザー治療は比較的小さい場合に向いている治療法です。小さいものがたくさんある場合は、レーザーでまとめて割引などできる美容整形外科で除去すると皮膚科よりも安くなる場合もあります。何度か通ってだんだん薄くしていく場合もあるので、複数回通うと費用がかさむ場合もあります。レーザー治療では取りきれない5mmを超えるようなほくろは、くりぬき法がおすすめです。相場は5000?10000円です。レーザー治療よりは高くなりますが、芯からしっかり取ることができるので、再発の心配は少ないです。患部より少し大きめに皮膚をくり抜くので、傷跡が完全に治るまでは少し気になるかもしれません。しかし、治療自体はその場で終わるので、通院する回数は少なくて済みます。化膿止めなどのクリームも処方されるので、傷テープや薬の費用もかかります。もっと大きて膨らんでいるほくろはメスで切って縫合する必要があります。こちらは抜糸が必要になります。1cmにも満たない小さな手術の場合が多いですが、術後のケアはしっかりしなければ化膿する恐れがあります。処方された薬を塗ったり、消毒をしたり、傷跡をきれいにするためにはしっかり指示に従いましょう。傷跡はしばらく大きめに残ってしまいますが、時間の経過とともに薄くなっていきます。美容整形外科のドクターは傷跡を残さないように手術するのは得意分野かもしれませんね。費用は大きさにもよりますが、10000円程度かかるようです。

取り除く手段

カウンセリング

ほくろの治療手段には、医療レーザーを使う場合とメスで切開する場合の二つの方法があります。平らなほくろなら医療レーザーを当てて取るのが一般的です。隆起しているほくろの場合はメスで切開するときれいに取れます。

もっと読む

安全性が高い病院は多い

頬を触る人

ほくろの治療は悪性のものではないか検査をしてから行う方が安全です。病院を選ぶ際には、事前に検査も可能か問い合わせをしてから通う方が、交通費や手間が省けて便利です。そして、現在はとても便利な検査専用器具が開発されています。

もっと読む

To Top